自宅で手軽にホワイトニングをしたいときに役立つのが歯を白くできるタイプの歯磨き粉です。ドラッグストアやバラエティショップなどいろいろな場所で売っていて簡単に手に入るため、審美歯科でホワイトニングするよりずっと安上がりなので試したことがある方も多いはず。

ホワイトニング効果がある歯磨き粉の種類はいろいろありますが、研磨剤なしのものと研磨剤が入っているもと2種類あるのをご存知でしょうか?

研磨剤が入っている歯磨き粉は、歯の表面に付着している茶渋やタバコのヤニなどの色素をこすり落とすことができるので、ブラッシングをするたびに汚れが落ち、色がきれいになって白くなるのを実感しやすい反面、歯の表面を削り取ってしまい傷ができやすくなるデメリットがあります。

歯の表面に出来た細かな傷は汚れが付着しやすくなるだけでなく、光が乱反射することによりくすんで見えてしまうこともあるんです。

最近の歯磨き粉には研磨剤なしでホワイトニング出来るものが多く販売されており、真剣に歯磨き粉でホワイトニングをする人の間ではスタンダードになりつつあります。

そこで、研磨剤なしの歯磨き粉でホワイトニングする際のメリット・デメリットをまとめました。

研磨剤なしの歯磨き粉のメリットとは?

研磨剤なしの歯磨き粉の最大のメリットは、歯を傷つけずに汚れを落とすことができるということでしょう。

歯の表面にはエナメル質と呼ばれるものがあり、これが削れてしまうことで歯の表面に傷をつけてしまいます。傷がついてしまうと、汚れが付着しやすくなりますし、いくらホワイトニングしても繰り返し同じように汚れが付着してしまうのです。

歯磨き粉でホワイトニングするなら、キレイな歯を維持していきたいですよね

研磨剤が入っていない物を使用すると、これらのリスクを減らすことができますし、歯そのものを守っていくことができます。しっかり白くなるまでに時間はかかりますが仕上がりがきれいで、光沢のあるきれいな歯をつくることができるのは嬉しいですよね。

さらに、口腔内にトラブルがあった場合でも、痛みを感じることなく使用することができるというメリットもあります。研磨剤なしの歯磨き粉って、刺激が少ないものが多いんです。

歯や歯茎が弱っていて、歯茎から出血している時や、歯茎が腫れている時などには歯磨きをするのはとても辛いですよね。しかし、歯磨きをしないとより悪化してしまいます。そのような時に研磨剤が入っていない物を使用することで、刺激を感じることなく洗うことができるでしょう。

元々、日本人は他国の人に比べて歯のエナメル質が薄く、虫歯などができやすくなっています。特に小さい子供や高齢者の歯は健康な大人の歯に比べて半分程度のエナメル質しかありませんので、研磨剤の入っていないものを使った方が歯を長持ちさせることができます。安全性も高く、些細な刺激で歯のトラブルを引き起こしやすい人でも安心して使い続けることができるというメリットもあります。

研磨剤なしの歯磨き粉のデメリットとは?

一方で、デメリットもあります。研磨剤なしの場合、研磨剤の本来の役割である着色や汚れを落とすという効果が弱くなっています。着色はお茶やコーヒー、紅茶、タバコなどによって歯に付着しますが、研磨剤はこれらの着色汚れ(ステイン)をきれいに落とす効果があります。

そのため、研磨剤なしの歯磨き粉でも着色汚れを落としてホワイトニングできるように独自の成分を配合しているものが多いようです。

それよりも重要なのが、取りきれない歯の汚れです。研磨剤は強力な汚れ落としの力を持っていますので、これが入っていないということは汚れが歯に残り、虫歯や歯周病などを引き起こしやすくなります。そのため、このリスクを軽減させるために、細かく丁寧なブラッシングを行い、歯間ブラシやフロスも併用するとよいでしょう。

また、磨いたときにすっきりしないというデメリットもあります。研磨剤が入っているとうがいをしたときに汚れがしっかり落ちた気になりますが、刺激が弱いのでどれだけ丁寧にブラッシングをしても、汚れが残っているような気になりがちです。ホワイトニング効果のある歯磨き粉と合わせて口内洗浄液なども使ってみるとよいでしょう。

研磨剤なしの歯磨き粉がホワイトニングにおすすめなワケ

芸能人やセレブのような美しい歯になりたいと思う人は多くて、高いお金をかけて歯医者に行かずに自宅でできる歯磨き粉を使ったホワイトニングを試してみる人も増えています。

商品を選ぶときには必ず研磨剤が入っているか入っていないかを確認してどちらのタイプを使うか考えましょう。素早く汚れを落としたいなら研磨剤入りのタイプのほうが便利ですが、力を入れて磨いてしまうと逆効果なので安全に歯を白くしたいなら研磨剤なしの製品を選んだほうが確実です。

研磨剤が入っている歯磨き粉でのホワイトニングは着色を落としているだけにすぎません。むしろ、歯磨き粉がエナメル質もはがしていますので、徐々に歯の表面が薄くなっていきます。

研磨剤が入っていない歯磨き粉なら毎日使っても大丈夫で、使い続けているうちに成分がしっかりと歯に浸透して透明感のある白くてきれいな色合いになります。研磨剤入りの製品は使用するのを1週間に1回程度にしておかないと歯の表面がダメージを受けて危険な上、磨いた直後に色の濃い飲み物を飲んだりタバコを吸ったりするとすぐ色素が沈着して磨く前よりもひどい状態になってしまうこともあります。

特に普段から歯磨きをするとき力を入れすぎてしまう人は注意が必要で、磨き方にも工夫をしなければいけないので歯をいたわりながらホワイトニングをしたいなら研磨剤の入っていない歯磨き粉を選んだほうがきれいになります。その他のオーラルケアの商品も上手に活用して、エナメル質を守りながら毎日の食事による汚れを取り除くようするとより効果的です。

高いお金を払って審美歯科に通わなくても有効な歯磨き粉を活用すれば自宅で毎日ホワイトニングができるので、歯の黄ばみや汚れは落ちないとあきらめる前に試してみて憧れの白い歯を目指しましょう。