ホワイトニング効果のある歯磨き粉の基礎知識

歯が黄ばんでくると、虫歯がなくても歯が汚れた印象を与えがちです。そのため、歯の色が気になる人は歯科医でホワイトニングをしてもらったり、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用するなどのケアを行っています。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉は、一般的には食事や飲み物による歯の着色汚れを落とす研磨剤が入っているものがほとんどですが、これを使用することによって着色を効果的に落とすことができます。

一方で、強い研磨剤が入っているものは、歯のエナメル質まで削ることがあり、かえって歯の黄ばみを加速させる可能性があります。歯は象牙質とエナメル質でできていますが、象牙質はクリーム色をしており、エナメル質が歯の色を投下させることによって白く輝く歯に見えています。

エナメル質を削ると、本来の象牙質が表面に出てくるため、黄ばんできたように見えるだけでなく、汚れやすくなります。そのため、近年では研磨剤の力を弱めていたり、まったく配合していないものも出回っています。

着色が気になるときにはホワイトニング治療を受け、研磨剤の効果があまり強くないものを選んだ方が、長期的にオーラルケアをしたときにはの白さを長く保ち続けることができます。

ホワイトニング歯磨き粉の効果のでる歯磨きの仕方

歯に付着した着色を落とすには、あまり力を入れてごしごしこする磨き方はお勧めしません。

エナメル質が削れるだけでなく、歯に細かい傷がついて汚れが逆につきやすくなったり、歯茎を傷めて炎症を起こす可能性があるためです。ホワイトニング歯磨きの効果を生かすためには、毛先をしっかりと歯の表面に当てて、軽い力で細かく動かすブラッシング方法がお勧めです。

きちんと毛先が歯に当たっていれば、軽い力でも歯に付着した汚れや着色は落とせますし、表面に傷もつきにくくなります。また、歯ブラシが届きにくい個所も鏡を見ながらきちんと磨くことで、虫歯や歯周病の予防にもなります。歯間ブラシで歯の間の汚れも落としておくとよいでしょう。

着色や汚れが付着しやすくなったと感じたら、歯の表面に傷ができている可能性がありますので、フッ素を歯に塗るとよいでしょう。自宅でもできるジェルタイプなど「のフッ素もありますので、こちらを利用すると簡単です。

歯の表面の細かい傷を修復し、再び汚れのつきにくい歯になります。また、研磨剤を使わない歯磨きをする場合には、着色が落ちにくくなりますので、定期的に歯科医でホワイトニングの治療を受けるとよいでしょう。

口コミで評判のあるホワイトニング歯磨き粉ってどんなもの?

実際に歯磨き粉を選ぶときには、利用者の口コミで評価の高いものを選びましょう。公式ページではその商品のメリットを中心に紹介していますので、使い心地やコストパフォーマンス、ホワイトニング効果などの忌憚ない評価を知ることができません。

その点、口コミでは使ってみて良かった点、気になった点、具体的な使い心地などを知ることができますので、自分の歯のタイプや年齢などに合っているものを探しやすくなっています。

一般的に口コミで評価が高い歯磨き粉は、安全性が高いこと、研磨剤が入っていないか、微粒子で入っていて刺激が少ないこと、汚れを効率的に浮かせて落とすため、イオンや酵素などの有効な成分が配合されているものなどです。

これに加えてコストパフォーマンスが高かったり、小さい子供や高齢者でも使えるタイプであれば、ほとんどの人が安心して使うことができます。日本製のものが成分や安全性などにおいて、日本人の歯のタイプにもあっていますのでおすすめです。

海外でもホワイトニング効果のある歯磨き粉は見られますが、日本人に比べてエナメル質が厚いので強い研磨剤が入っていたり、国内で承認されていない成分が含まれていることもあり、注意が必要です。