話題のホワイトニング歯磨き粉ってどんなものがあるの?

私たちが日々食事をする上で歯の存在は欠かせないものであり、肉や野菜、魚といった食べ物を体内に効率的に吸収するため必須です。

しかし口の中に食べかすや歯垢を残したままにすると細菌が繁殖し、虫歯や歯周病を引き起こす可能性があります。

その為歯の健康を保つため毎日の歯磨きは重要ですが、人によって白く美しい見た目も持続したいと考えるでしょう。その為ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用する人は少なくなく、現在ではドラッグストアを初めとする多くの市場でこれらの商品が販売されてます。

ホワイトニング歯磨き粉には歯の表面を研磨するタイプと歯を漂白するタイプの大きく分けて2つの種類が存在します。それぞれ特徴が異なり前者の場合歯の表面を研磨することで白くすることに繋がりますが、同時に表面が傷つけられそこに色素が溜まる可能性が考えられます。

研磨剤での傷つきを防ぐため歯磨きの際はジェルタイプのフッ素を併用して状態悪化を防ぎます。成分表に酸化チタン、炭酸カルシウム、チタンなどが含まれてたら研磨剤のタイプと判断できます。

一方後者の場合過酸化尿素という歯の漂白成分を含んであり、ブリーチング剤に比べて効果は弱い反面毎日使い続けることで確実に白い見た目に近づけます。歯を漂白するタイプは他にカルプロックスと成分が入ってることが多いです。

自宅でホワイトニング歯磨き粉を使って自信の持てる白い歯に!

そもそもなぜ歯が黄ばんでしまうのかというと、紅茶やコーヒー、カレー、ケチャップといった濃い食べ物や飲み物に含まれるステインという着色物質が原因です。これが歯の表面にあるタンパク質と結びつき、蓄積すると通常の歯磨きでは除去が難しいです。

その為審美歯科を初めとする歯科治療ではホワイトニングという専用のジェルを使用して歯の漂白を行うことが可能です。しかし人によって仕事や家事の関係でなかなか外出することが難しいというケースもあります。

そこで登場したのが漂白作用のある歯磨き粉であり、自宅に居ながら歯を白く美しくすることが可能になりました。歯が白いことは対人関係に深く関わりを持ち、黄ばんでいると口を開けたり笑うことに抵抗を感じてしまいます。

そうすると相手に与える印象が悪くなりコミュニケーションが上手くいきません。しかし歯が白いと笑顔に自信を持てたり、若々しく見えるといった恩恵を得られるのでホワイトニング作用ある歯磨き粉を使用してブラッシングをすることがおすすめです。そ

れでも日本人の歯は欧米人のような真っ白なものではなく、やや黄色がかったアイボリーのような色味です。なので白すぎる歯は逆に不自然に見えてしまい、日本人に適したホワイトニングが必要になります。

おすすめなホワイトニング歯磨き粉はどんなもの?

前文で紹介したホワイトニング作用のある歯磨き粉を使用すれば、白い歯を作ることが可能です。一

般的に過酸化尿素を初めとする成分を含んだ漂白タイプは漂白効果が弱い分、負担が少ないメリットがあります。けれどもドラッグストアで販売されることが少なく、ネット販売で手に入れる必要があり多くは海外製品です。安全性の保証が難しいといえ、使用するなら表面を研磨するタイプがおすすめでしょう。

しかし歯に傷をつけ易い恐れがあるので、歯磨き粉選びにはいくつか注意するポイントがあります。まずは研磨剤の粒子が小さいものを選びだけでも歯の負担は軽減でき、粒が大きいほど歯を削る力が大きいです。

次にキラヤ樹皮エキスやムクロジエキスなどの植物性洗浄成分は、歯を優しくケアしながら汚れを落としてくれるのでこの成分が入ったものを選ぶとおすすめです。これは天然から抽出された植物成分なので歯や歯茎に負担をかけずに洗浄できます。

ホワイトニングの歯磨き粉を使用する場合、歯ブラシは柔らかいものを使用して力は強く入れないようにすると傷つける心配は減ります。そして最後に必須なのが実は価格であり、白い歯を長く保つためには日々のブラッシングは欠かせないため長期間続けられる金額の商品を選ぶようにしましょう。